1. HOME
  2. 事業案内
  3. WEB広告事業
  4. リスティング広告運用代行

WEB広告事業

WEB広告事業

リスティング広告運用代行

広告運用改善代行

弊社のリスティング広告運用代行サービスはこんな方にお勧めです。

  • 現在の代理店や制作会社のリスティング広告運用内容に不満がある
  • 広告運用に機械学習効果をうまく取り入れられていない気がする
  • 広告文の検討が不十分であり、検索クエリに応じた多様性のある訴求ができてない
  • 代理店からの提案が無く、運用パフォーマンスが停滞している
  • 自社内で運用しているものの知見も時間も無いため、どう改善したらよいのか分からない
  • 代理店からノウハウの少ない担当者を割り当てられてしまっている気がする

弊社リスティング広告運用代行サービスの差別化要素

弊社運用の差別化要素を端的に述べると、以下3点が挙げられます。

弊社サービスの差別化要素

  • 単なる運用代行ではなく運用改善代行である
  • 窓口対応から広告運用に至るまでの全てを1名のコンサルタントが責任を持って対応する
  • 広告領域を超えたサイト側に関する改善提案も実施可能である

各項目の詳細は以下の通りです。

単なる運用代行ではなく運用「改善」代行である

弊社のWEB広告運用は単なる運用代行ではなく、運用「改善」代行と銘打っております。

そのため、現在既に広告運用を他代理店や自社で実施されている場合、万が一運用手数料込みの実績として現在の運用パフォーマンスより改善しなかった場合、運用手数料は全額返金いたします。

運用ノウハウの有無は上記のパフォーマンス改善保障というサービス自体で身をもって証明するというスタンスです。

これから初めてリスティング広告の導入を検討されているという企業様に関しましても、上記返金サービスが運用パフォーマンスに関する自信の証明としてご理解いただけると幸いです。

※「改善」および「返金」の条件は本ページにて後述

窓口対応から広告運用に至るまでの全てを1名のコンサルタントが責任を持って対応する

実際の広告運用業務および窓口対応は全て、これまで月額媒体費で数億円~30万円に渡る幅広いジャンルのWEB広告運用経験を持つ弊社代表にて指名対応させて頂きます。

そのため、運用途中で意図せず担当者が変わってしまったり、人的要因でパフォーマンスやサービスの質が低下するといった心配はございません。

各広告主様に対する広告アカウントの閲覧権限も当然付与させていただきつつ、クリアな状態で広告を運用いたします。

広告領域を超えたサイト側に関する改善提案も実施可能である

リスティング広告パフォーマンス改善を狙う際の一番のボトルネックは、広告側ではなく集客先のサイト側に存在しているケースも多いことをご存知でしょうか。

具体的には、集客先のコンテンツに問題があるためユーザーの離脱を多々生んでしまい、結果としてリスティング広告費用対効果が低くなってしまう等のケースが該当いたします。

一般的な広告代理店では、広告配信設定領域を超えるサイト側に関する改善提案を行うことは非常に稀ですが、弊社では状況に応じてサイト側の改善提案を行うことも可能です。

この際、コンテンツだけを単体で見るのではなく、リスティング広告からの集客クエリとコンテンツを組み合わせて検証することで、最も効果的なご提案を行います。

対応する広告配信媒体

弊社で対応可能な広告媒体は以下の通りです。

対応可能なリスティング広告媒体

  • Google広告(旧称:Google Adwords)
  • Yahoo!広告(旧称:Yahoo!スポンサードサーチ)

運用開始までの流れ

ここでは、実際に弊社で広告運用を開始するまでの流れをご説明いたします。
各工程の所要時間目安も記載しておりますが、実際の広告運用開始までは最短でも2週間程度のお時間を頂きます。

  1. 事前ヒアリング(所要日数:1日)
  2. 効果的な広告文作成、出稿対象キーワード選定、LP検討などを行うための前準備として、以下のような事項についてヒアリングさせていただきます。

    ヒアリング項目の例

    • ビジネスモデル
    • 取扱商品やサービス
    • KPI
    • 競合他社
    • 商品やサービスを利用するユーザー像
    • サイト構造
    • 広告運用状況(既に広告を実施されている場合のみ)
    • 目標費用対効果
    • 予算感
    • その他課題 など・・・

    確認事項が多くなりますが効果的な広告配信を行うために必要となる前準備であるため、可能な限りご対応いただけると幸いです。

  3. 各種契約書の締結(所要日数:1日)
  4. 秘密保持契約書(NDA)、および基本契約書などの締結を行います。

    なお、弊社では手間も費用も掛からないクラウドサインによる電子契約を推奨しておりますが、旧来通りの紙契約もご対応可能です。

  5. アカウント開設(所要日数:1日)
  6. 広告出稿用のアカウントを開設いたします。

    弊社でアカウントを開設して広告主様へ閲覧権限を付与させていただくパターンと、広告主様の既存アカウントの編集権限を頂いてアカウント構築を進めるパターンのどちらでも対応可能です。

  7. 各種ツール閲覧権限の付与、および追加設置(所要日数:3日)
  8. Google Analytics、およびGoogle Tag Managerの編集権限を付与いただくか、弊社で新規にご用意する両ツールを設置頂きます。

    編集権限を頂く理由は広告主様側での各種タグ発行および設置の手間を弊社にて賄うため、および広告主様側でのタグ設置ミスを防ぐためですが、編集権限の付与が難しい場合や、CVタグに反映する各種パラメータ値の取得が外部から難しい場合などは、弊社からの指示に基づいて広告主様側でタグの設置をお願いいたします。

    また、可能であればGoogle Search Consoleの閲覧権限も付与いただき、自然検索結果画面からの流入クエリもアカウント構築上の参考とさせて頂きます。

  9. アカウント構築(所要日数:3日~14日)
  10. ヒアリングした内容と弊社ノウハウを活用し、効果的なリスティング広告のアカウント構築を進めて参ります。

    近年、媒体の機械学習機能をフル活用した広告自動運用を利用するケースが増えておりますが、自動運用にあたっては機械学習が進みやすいアカウント構成を意識的に取り入れる必要があります。

    一方、広告配信規模や目的によっては自動運用よりも手動運用の方が圧倒的にパフォーマンスが良くなるケースも多々あります。

    これは本当にケースバイケースですので、弊社知見とヒアリング内容を基にどちらの運用の方が効果的な広告配信が可能であるか慎重に判断してまいります。

    なお、実際の広告配信時には、ご予算と広告対象商材に応じて最も効果的な配信となるよう、各種ディスプレイ広告も組み込んだアカウント構築をさせて頂くケースが多くなっております。

  11. タグの設置(所要日数:3日)
  12. 広告アカウントから発行したCVタグを始めとする各種タグ、Google Analyticsのイベントタグ等について、Google Tag Managerを通してサイトに設置していきます。

    一般的には、タグの設置は広告主様にお任せする代理店が多いですが、弊社では比較的複雑なタグ発火条件を通して計測するマイクロCV(非直帰、熟読に関する計測など)も広告運用の参考とするため、弊社側でタグ発火設定を行うケースが多くなっており、ご好評を頂いております。

  13. 入金設定(所要日数:1日)
  14. 広告主様のクレジットカードを広告アカウントに登録いただきます。

  15. 最終チェック(所要日数:1日)
  16. 全般的に設定ミスが存在しないかの最終網羅チェックを行います。

  17. 広告運用開始
  18. いよいよ、広告運用の開始です。

特に、Google Search Consoleも活用した出稿KW検討、タグの設置代行、マイクロCVの活用といった面倒な対応する代理店は多くありませんが、弊社では運用パフォーマンスを左右する重要な要素の一つとして捉えております。

なお、上記はあくまで広告運用開始までの流れであり、実際の運用の場においては、広告配信結果を踏まえた随時の各種調整を通して広告効果の最適化をかけて参ります。

広告運用の手数料

一律以下の通りとなっております。

広告運用手数料は媒体費(広告媒体に支払う費用)の20%

※ただし、媒体費の月額が50万円以下の場合は手数料10万円を下限とする

例えば媒体費が200万円なら運用手数料は200万円×20%で40万円、媒体費が40万円なら手数料は下限の10万円となります。

弊社は特に手数率が安いわけではございませんが、広告運用調整を非常に丁寧に行うことで、結果としてどこよりも費用対効果の高い広告運用となるよう対応しております。

なお、媒体費自体は広告主様のクレジットカードを通して直接各種媒体にお支払頂くため、弊社でお預かりすることはございません。

運用手数料返金サービス詳細

ここでは本ページ冒頭でご説明した運用手数料辺機サービスの詳細についてご説明いたします。

以下の4条件を全て満たしているにもかかわらず、当方の広告運用で「改善」との判断に至らなかった場合、当方のそれまでの運用代行手数料は全額返金いたします。

手数料無料サービスの適用対象条件

  • 広告主様が現在広告運用中のアカウントを持っていること
  • 運用中のアカウント内容を当方に診断させていただけること
  • 診断の結果、当方と広告主様双方の合意をもって当方での運用がスタートすること
  • 広告運用スタート前に広告主様と当方の合意を持って「改善と見なすための条件」および「判断期間」が取り決められていること

以上、弊社サービスの概要となりますので、気に入っていただけましたらこちらの問い合わせ窓口よりお気軽にご依頼ください。

まずはご相談やご質問だけというお話も大歓迎ですので、どうぞお気軽にご連絡ください!